Google

ブラウザ上部に「セキュリティ保護のため…」という警告が表示された場合は「ブロックされているコンテンツを許可」にしてください。


お し な が き















ばらっち

 28歳で始めたウェブサイトですが、ついに40歳に突入し本当にどこまで続けられるのか本格的に根性試しになってきたような今日この頃です。はい。



★ 最近の話題 ★
*ご注意 「最近の話題」のコーナーは、過去のログを取ってません。読み逃したらそれまでです。一期一会ということで♪*






【 大変お久しぶりです 】

生きてますよ〜(;´Д`)
相変わらず仕事は忙しいです。
毎月、職場でビデオは撮らされているので映像は続けているのですが、寄る年波のせいか自分の作品を作る気力が無いのが悲しいところです。
どうかながーい目で見守ってやってください(´Д`)ハァ…



   茶飲み話         ※何台買えば気が済むんだ?????
映像をやめた!?ばらっちの話  (16/12/12)

大変お久しぶりでございます。
去年の9月から更新していなかったこのコーナー。
時々、管理人が急死して止まってしまうサイトがありますが大丈夫ですよ。
生きてます

さて来年の春で当サイトもめでたく15周年。
早いものです。
始めたのは20代の頃。今じゃすっかり厄年、40も過ぎてしまいました。人生で初めてビデオカメラに触れたのが12歳。あれよあれよと30年。社会人になってからは平日は夕方から、休日は丸々撮影や編集、Webに費やしてきたので彼女や奥さんが居る訳でもなくモチロン子供も居ません。家族と言えば老いた母と嫁に行った妹、その姪っ子と甥っ子たち。私自身は実家の向かいのアパートで一人暮らしです。

で、タラタラと何が言いたいかと申しますと、実は今年の2月で映像をやめました。
撮るのも編集するのも、Webもようつべもすっかりやめました。
30年も好きなことばかりやってきたんだし、そろそろ結婚とか家庭とか親の老後のこととか仕事のこととか真面目に向き合いたくなったのです。
で、やめた。
すっきりやめた!!

ハズだったんだ…(;´Д`)

ボス「ばらっちクン、4月から職員研修会を映像配信したいんで撮影・編集お願いできるかな!?」
(´Д`)「イエス、ボス!!
やめて早々に職場で撮影することになりました。
生活と向き合うべく始めた映像休止が見事に毎月ビデオを作成する業務となり…Webも作品も増えない代わりに研修会のビデオがHDDに増えていきます(;´Д`)

ボス「ばらっちクン、今度ウチの当番で開催する学術集会のWebを作ってくれないか?」
(´Д`)「イエス、ボス!!
ドクター「今度の学会で映像配信を…」
(´Д`)「イエス、ボス!!
後輩「今度の大会の余興ビデオを…」
(´Д`)「イエス!!
(´Д`)「来年の学会発表で映像配信の演題を…」
学会「イエス!!演題採択っス!!

そんなこんなでみっちりビデオやってたっスよ(;´Д`)
モチロン日常業務やって家に帰ってから編集やって研究やって…はぁ…

楽しいから良いんですけどね。
ひとつ変わったことと言えば写真をちゃんと始めたこと。
いままではビデオの片手間だったので、プライベートでビデオを撮らない代わりに一眼レフを持って外出することが増えました。

で…



ハマリすぎ(;´Д`)

…写真のホムペに宗旨替えしちゃおうかな…( ?ω? )
あまり更新できていませんが、来年もよろしくお願いします。




Pentax K−3  (15/9/12)



ってな訳でペンタックス・ユーザーだったばらっちです。
初めての一眼レフがペンタックス istDL2でした。

5年ぐらい前から動画目的でEOSに切り替えたんですが…戻ってまいりました。
理由はEOS 60Dの画素数が物足りなくなってきたのと、春先に買ったK-50を弄っているうちに再びペンタに戻りたいという欲求が沸々と。
そんな訳でアマゾンのプライム会員限定セールでK-3ボディをゲッツ!

モチロンお金が無いと買えません。
キヤノン一式、全部処分!
まあ、置き場所も無いですし、お寿司…

60Dを友人に引き取って貰い、残ったレンズを処分。
買い取り専門店の査定額が安いのでヤフオクで。
手間はかかりましたがこれでEOS一式=K−3ぐらいにはなりました。
魚眼とリミテッドレンズだけは出費しましたが、画質には満足しています。

作例をどうぞ…


















肝心の動画



いかがでしょうか?
ちなみに…



置き場所が無いといいつつペンタだけは捨てれません。
istDL2もまだ妹の家で現役だったりします。
好きな物は良い物だ!!
ひきこもりには勿体無い良いカメラです(笑)
 


↓よろしかったら…どうぞ
 


ページのトップに戻る


 自己紹介

おなまえ・・・ ばらっち

とし・・・ アラフォーに突入。

けいれき・・・ 大学卒→大学研究生→制作会社→病院職員→パソコン先生→再び病院職員

しゅみ・・・ 機械いじり・映画鑑賞・ドライブ

おんがく・・・ 演歌と母親のカラオケだけは勘弁

すきなことば・・・ 果報は寝て待て

このみのじょせい・・・ もうなにも語りたくない。



ページのトップに戻る


 カメラ遍歴




初号機 SONY CCD−V800

ソニー・ハイアマチュアカメラの系譜、Vシリーズの名機です。
その流れはVX2000にまで受け継がれている(と、思う)
再生画質が素晴らしく、デッキ再生よりも美しかった1台。




2号機 Victor・GR-S707

S-VHSコンパチ・カセットで唯一(家庭用)の肩乗せ型。

やっぱりカメラは肩乗せじゃー!ということで。高校時代に小遣いを貯めて中古で購入。
単板CCD・38万画素・・・今となっては色あせたスペックですが、それでも当時は高画質機。映画撮影・合宿・舞台撮影・・・大学生活の後半まで活躍してくれました。
またその充実したマニュアル機能はフォーカスやレンズワークの勉強にもなりました。

1998年6月、自作バッテリーのミスで焼死(;´Д`)





3号機 FUJIX FS−30

「シンプルHi8」の名の通り、4倍ズームとこのスタイル。
大学3年の時にドキュメンタリー番組制作で使用するために友人から格安で購入。

たいしたカメラじゃないと思っていましたが、振り返ってみると最も多く作品で使用した思い出深いカメラです。
このサイズと背面に取り付けられる液晶モニターで、機動性と絵作りを両立させることが出来ました。

平成14年春、NV‐DB1の購入を機会に退役
でもつい先日、9年ぶりに電源を入れてみたら見事に起動!
テープがあればまだ撮影できるかも!?



4号機・・・は数が悪いので欠番 (迷信深いノダ・・・)




5号機 松下 AG-EZ1

DJ1の業務用バージョン。
卒業制作の取材直前にGR-S707が焼死するという事件が起き、急遽地元の制作会社から貸して頂いたのがきっかけで安く譲ってもらったもの。
3CCDでDV、画質もかなりイイです。
IEEE1394とアナログ入力が無いのがネック。
『AG-EZ1 展示室』はコチラ…






6号機 SONY DXC3000

幻の6号機。
どーゆー訳かパソコン関係の同人フリマに出品されていた物。
状態は新品に等しい状態で値札は激安一万円!!
おまけに外部電源付き!
値切るのも忘れて買ってしまいました。

FUJIX FS−30を繋げてHi8カメラとして使っていましたが、色相の調整ミスで
基盤から発火! わずか2ヶ月程の使用で終わってしまいました。
しかしそのレンズはEDC-50に、三脚ベースはBCC-100に、その他アクセサリーも全て受け継がれたのでした。





7号機 東芝 BCC-100

いまさらここで何を語る必要があろうか
このサイトのかつてのテーマであり、守護神であり管理人の財政をひっ迫させたあんちきしょう(←意味不明)

『BCC-100 展示室』はコチラ…




8号機 ソニー EDC-50

EDベータの画質を体験したくて衝動買いした一台。

オークションでレンズなしを19800円で落札。
レンズはDXC3000のが、その他アクセサリーもBCC100と共有できるので非常にお買い得でした。
ただその異常なバッテリー喰いと重量で現在出番ナシ。
でも肩に乗せた時のバランスの良さはさすがソニー。
そして何よりもその画質。凄いです。マジで。
『EDC-50 展示室』はコチラ…


9号機も・・・数が悪いので欠番 (またかよ)




10号機 松下 NV‐DB1

記念すべき10号機はバリバリの家庭用。
生まれて初めて『フツー』のビデオカメラを買いました(笑)
AD変換やアナログ入力があるので、ノンリニアの書き出しデッキに使用していました。
最近はもっぱら防犯カメラです…(;´Д`)
(治安、悪いのよネ…)





11号機 SONY HDR‐FX1

さあハイビジョン時代の幕開けだ〜!!…と、勢い良く買ったものの、このあと『フルハイビジョン』という落とし穴があるとも知らずに喜んでました(;´Д`)
発色は良いんですが、若干解像感に物足りなさを感じていたのも事実。
でも5年間、コイツを片手にいろいろと撮りました。
今では予備役ですが、まだまだ手放せそうにありません。





12号機 SONY HDR‐HC1

でっかいカメラを買った後は決まってコンパクトな機種が欲しくなるのが世の常。
(そうなのか!?)
ライブ撮影の全体押さえ用に買った1台。
解像感はFX1よりも良く、これで2カメ体制や登山撮影できると喜んでましたが、現実は編集の書き出し用・再生デッキ状態。現在も書き出し用に使っています。ある意味、1番の孝行息子かも!?


13号機も・・・数が悪いので欠番 (アポロ13号の教訓より)




14号機 SONY HVR‐HD1000J

やっぱりカメラは担ぎだ!!と、肩のせスタイルと『業務用』の3文字に踊らされて買った1台。業務用が18万そこそこで買える訳ないのに知ってて沼に落ちました(;´Д`)
軽い、端子が充実で立派なカメラ型HDVデッキとしての役割を果たしていました。
14号機って…もうこれ以上収納不能ということで活躍無く退役。
新しいオーナーさんの下で頑張ってくれていると嬉しいんですが。





15号機 Panasonic AG‐HPX305

中途半端にハイアマチュア用を買うより、いっそ大枚はたいて業務用を1台買ってしまえっ!! …っと買ってしまった1台。実はうつ病が悪化した上に預金が7桁にのってしまい『仕事辞めたい病』が発症。これを抑えるべく全力で散財という無謀な行為に及びました。結局、病気のせいで撮影にはあまり出られず…(;´Д`)
病気も良くなってきたのでこれからが楽しみな一台です。
ちなみに預金は一時期、限りなくゼロになりました…(;´Д`)





16号機 CANON iVIS HF S10

でっかいカメラを買った後は決まってコンパクトな機種が欲しくなるのが世の常。
(またかよ)
カルチャーショックなまでに綺麗な画質に今までのHDVでの苦労はなんだったんだろうと小一時間苦悩した1台。やっぱカメラは世界のキヤノン様(C.桑田佳祐)ですな!!
収納場所不足からTM300購入を機に、現在は同僚の元へ。





17号機 PENTAX K-x

カメラは世界の…といいつつ静止画はペンタックスな私です。
720p動画の世界を教えてくれた罪なヤツ。
60D購入後、使う暇がないので同僚の元へ。





18号機 Panasonic HDC−TM300

 メインがパナソだから、サブもパナソで…とゆう訳ではなく、暗い場所に強いカメラなら3板式でしょう…と旧世代のビデオマニアみたいな理屈で買った1台。
撮影のほとんどが職場の同僚のライブなので、暗い場所での撮影が多く、全体押さえ用に…ということで購入。
しかし記録モードが21Mbpsしかなく、42インチプラズマで輪郭にモスキートノイズが…ヽ(´Д`;)ノ ライブ以外は出番がありませんが、それも見越してオークションで値切りまでして格安買い。

…やっぱり出番がない…




19号機 SONY サイバーショット DSC−WX7

北川景子可愛いよ景子。ということでCMを見て買った1台。
だってあのCM画質を見せつけられたら欲しくなるじゃないですか。
北川景子可愛いし。
どうゆう機種選定基準なんだか
ディカパックに入れて水中や滝壺に突入したりと、コンパクトさを生かして面白い撮影ができる1台。





20号機 CANON EOS 60D

デジ1動画を極めよう…と思いましたがEOS 5DmarkUを買うほどの財力は無いヘタレでスンマセン。
堤幸彦監督の『コヨーテ、海へ』が全編EOS 5DmarkUで撮影されたと聞いて驚愕のあまり買った1台。露出や色やらとにかく奥が深すぎてなかなか気軽に撮影に出られないんですが、フツーに写真を撮るのに愛用してます。はい。




21号機 ビクター エブリオ HM450

実売価格1万5千円だったら買うでしょ。フツーに。
内蔵メモリーは8GBですが、SDカードで拡張できるので…というか実質SDカード専用機。しかも軽くてバッテリーの持ちが良くていつでも撮れるのでコンガの練習撮影に大活躍。





22号機 CANON HF G10

やぱりマニュアルが充実したコンパクトなビデカメが欲しい!!
やっぱ業務用だっ!!
つーことで購入した一台。
家庭用最上位機種で、業務用最低価格機種。
どっちが正しいのか良くわかりませんが、画質が良いのはガチです。
でもこのカメラ、びみょーに大きいんですよね。
ん〜。微妙だ。
画質良いケド。
職場のust中継で活躍してくれてます。





23号機 PENTAX K-r

 キヤノンに移行したんじゃねーのかよっ!?と言われそうですが、やはり静止画はペンタックス。色の豊かさでは一番だ…とK-xを手放してから1年経って実感しました。で、実はK-30発売直前で市場在庫が無くなりかけていたのでWズームキットを衝動的に購入。動画は720Pなんで期待はしてませんが、写真はペンタ。
で、なぜK-30じゃなくてK-rかというと…ズバリ、形が好きだから。
カメラらしくてカッコイイでしょ?





24号機 SONY サイバーショット DSC−HX200V

北川景子さんは関係ありません。
CMも宣伝も評判も聞かない謎の1台。
HX100Vを狙っていたんですが、狙っているうちに型落ち
1820万画素と強力な手振れ補正、ズームに惹かれて買った1台。
いやコレ、いいカメラなんですけどね。
北川景子さんには似合わない武骨さです。
(どんだけ北川景子が好きなんじゃ!?)




ページのトップに戻る


実は 『ばらっち家』 は 『 HDV-fan! 』 の
『管理人の部屋』 です。

(一応、↓が本家です・・・)